EC-CUBE 佐川急便e飛伝Ⅱ連携プラグインのカスタマイズ

EC-CUBEの佐川急便e飛伝Ⅱ連携プラグインは空で出力される項目が多いので、ちょっといじくって一部の項目を出力するようにカスタマイズ。

このプラグインは受注管理からCSVを出力するので、プラグインインストール時にdtb_csvに出力する項目を設定している。

本当はこのプラグインをインストールする前にEhidenCSV.phpというファイルをカスタマイズしインストールした方がベストなのですが、ここはダイレクトにインストール後のdtb_csvをいじってみたいと思います。

要件:注文があったユーザーの商品配送先が北海道の場合、”便種(スピードで選択)”に”000″、それ以外の場合 “001” を出力したい。

dtb_csvのdisp_name “便種(スピードで選択)” の “col” に以下のSQLを入力する。

(SELECT
CASE WHEN shipping_pref = 1
THEN '000' ELSE '001' END as binsyu_speed
FROM dtb_shipping
WHERE dtb_order.order_id = dtb_shipping.order_id)

北海道はshipping_prefが1なので、CASE文によって1かそれ以外かを分岐させる。
CASE分の分岐は幾らでも追加できるので、青森の場合、大阪の場合など複数にも対応できます。

This entry was posted in EC-CUBE and tagged . Bookmark the permalink.